コスモウォーターの費用一覧と一般的なウォーターサーバー費用を比較してみた!

コスモウォーターの費用一覧

ウォーターサーバーを利用するか迷っている方にとって気になるポイントの1つが、実際にどのくらいの費用が必要になるのかという点です。

 

導入した後に必要なお金が高いと、家計を圧迫することになってしまいます。毎月の負担額を把握したうえで検討するためにも、ウォーターサーバーでどのくらいの費用が必要になるのか把握しておきましょう。

 

ここでは、一般的なウォーターサーバーにかかる費用に対して、コスモウォーターがどうなっているのかを比較しながらご説明致します。

 

まず一般的なウォーターサーバーに必要な費用としては、

  • 水代
  • 配送料
  • サーバーレンタル料金
  • メンテナンス料金
  • 電気代
  • 初期費用
  • 解約手数料

があります。
メーカーによって無料の物もあれば、かなり高額に設定しているウォーターサーバーもあるので事前の確認をする事は大切です。

 

水代

水が入っている段ボール

自宅にウォーターサーバーを設置する場合、必ず必要になるのが水の費用です。

 

ウォーターサーバーの場合、基本的にボトル単位で水を購入します。ボトル1本あたり水が12リットル前後です。1人暮らしの方であれば、1ヶ月あたりボトル1本ほどの消費が目安になります。

 

水1リットル当たりの費用は100円くらいが相場なので、その点を踏まえて水だけでどのくらいのお金がかかるか計算しましょう。

 

また料理にも水を利用する場合や、夏に消費量が増えることも含めて1年でどのくらいのお金がかかるか考えていくことも大切です。
水にかかるお金は、まとめ買いをするとお得になることもあります。24リットルずつ水を購入するよりも、業務用などはまとめて買ったほうが割引されるというケースも見られます。

 

購入する水の量によって、お得に利用できるメーカーは異なります。そのため水を使う量を考えて、どのようなメーカーならお得に利用することができるのか比較するようにしましょう。

 

コスモウォーターの水代

コスモウォーターの水代は12リットルのボトル1本で1900円となっています。
500mlに換算すると、79.2円となるので水代はかなり安いと言えます。

 

但しコスモウォーターよりも安いウォーターサーバーもいくつかあり、有名な所ではアクアクララやクリクラが該当します。
コスモウォーターとアクアクララやクリクラとの一番の違いは、水自体にあって、コスモウォーターが天然水を使用しているのに対して、アクアクララやクリクラはRO水と言って、原水が水道水になっています。

 

そのため、コスモウォーターよりも安い価格で水を提供出来るのです。

 

配送料

配送するトラック

実際にウォーターサーバーの水をボトルで購入するときに考えるべきポイントとして、配送料の問題があげられます。

 

水の送料は無料としているメーカーも多くありますが、条件付きのケースも見られます。

 

定期注文にすると無料のケースもあれば、2本以上の注文で送料がかからないこともあります。送料が無料になる条件を確認したうえで、お得に利用できるメーカーを選ぶようにしましょう。

 

コスモウォーターの配送料

コスモウォーターの配送料は、基本的に無料となっています。

 

コスモウォーターでは1ヶ月にボトル2本以上を注文するのがノルマになっていますが、必要ない時にはスキップをする事も出来るので、厳密にいえば2か月でボトル2本を消化すれば問題ありません。

 

コスモウォーターの配送料が無料になっているのには理由があって、最寄りの採水地から直送している事が挙げられます。

 

コスモウォーターの採水地は静岡県、京都府、大分県と3か所あるのですが、最寄りの採水地を使用する事で、余分な配送料をかけなくて済む分、無料に出来ているのです。

 

逆にデメリットとしては、採水地を選ぶことが出来ないという事が挙げられます。

 

サーバーレンタル料金

コスモウォーターのカラーバリエーション

次に考えなければならないのが、ウォーターサーバーを利用するためのサーバーレンタル代です。メーカーの中にはサーバーのレンタル代は無料というケースも多く見られます。

 

レンタル代がかかるメーカーを利用する場合には、月々の支払い額を確認することを忘れないようにしましょう。またサーバーを購入する場合には、費用を一括で支払うのかそれとも分割で払うのかという点も合わせて検討します。

 

コスモウォーターのサーバーレンタル料金

コスモウォーターの場合、サーバーレンタル料金は無料になっています。

 

通常、最新のサーバーやデザイン性に優れたサーバーを使用するにはサーバーレンタル料金が発生するのですが、コスモウォーターは【Smartプラス】という最新の多機能サーバーを使用出来るうえ、サーバーレンタル料金も必要ありません。

 

グッドデザイン賞を受賞しているので、見た目もおしゃれなサーバーになっています。

 

メンテナンス料金

コスモウォーターのメンテナンス

毎日使うウォーターサーバーなので、定期的にメンテナンスを行うことも大切です。ここでポイントになるのが、メンテナンスを行ってもらう場合に費用がかかるのかという点です。

 

メンテナンスに関する対応は、利用するメーカーによって異なります。そのためメーカーごとに対応を調べたうえで、利用するメーカーを選ぶようにしましょう。

 

具体的なメンテナンスの費用としては、無料のメーカーもあれば年間の金額が決まっていることもあります。

 

一方でメーカー側が行うのではなく、最近のウォーターサーバーでは自動メンテナンスのようなケースも見られます。

 

自動で配管やタンク内を清掃してくれるので、メンテナンス料金が必要ないのが魅力です。

 

コスモウォーターのメンテナンス料金

コスモウォーターには自動クリーニング機能が搭載してあり、48時間おきに自動でサーバー内部を清掃してくれます。

 

そのため、衛生的な水をいつでも飲めるという安心感もあり、しかもメンテナンス費用もかからないのでお得と言えます。

 

同様の自動クリーニング機能が搭載されてあるウォーターサーバーとしては、フレシャスデュオやフレシャススラットがありますが、こちらにはサーバーレンタル料金が必要となっています。

 

また、プロのメンテナンスを実施してくれるところとしては、アクアクララとクリクラがありますが、アクアクララは毎月【あんしんサポート料】として1000円〜1500円必要ですし、クリクラにしても年に5000円のメンテナンス料金が必要となっています。

 

電気代

コスモウォーターのエコボタン

実際にウォーターサーバーの導入でチェックすべき点の1つが、電気代に関する内容です。

 

温熱器や冷却器にかかる費用は、1ヶ月で1000円前後というケースが多くなっています。

 

また月々の電気代で表記しているメーカーもあれば、年間の記載しかないこともあります。1ヵ月ごともしくは1年ごとに単位を合わせて、どのようなメーカーを利用するか検討するようにしましょう。

 

コスモウォーターの電気代

コスモウォーターにはエコボタンが付いていて、長押しする事で温水の温度をある程度まで下げる事により、電気代を安くすることが出来ます。

 

1日に2回エコボタンを使用した場合の電気代は465円と数あるウォーターサーバーの中でも省エネ設計になっています。

 

電気代が最も安くすむウォーターサーバーとしては、フレシャスデュオがあり、エコ機能に加えてデュアルタンクを採用しているので、月々の電気代は330円〜となっています。

 

初期費用

ウォーターサーバーを導入する場合、初期費用が必要になるケースも見られます。

 

初期費用の内訳には、設置費用や申し込み手数料、設置費用などがあげられます。

 

中には初期費用が無料のメーカーもあるので、申し込む前に確認することを忘れてはいけません。

 

実際に申し込んだ場合には、初回の水の代金が無料などのキャンペーンを行っているケースも見られます。

 

そのほかにもお得なキャンペーンが行われていることがあるので、このようなチャンスを活かすことで費用を節約できるかもしれません。

コスモウォーターの初期費用

コスモウォーターの初期費用は基本的に無料になっているだけでなく、初月無料キャンペーンが定期的に行われているので、ボトル2本が無料でもらえる時があります。

 

コスモウォーターと契約する時には、この初月無料キャンペーンを行っている時がねらい目と言えます。

 

解約手数料

キャンセル

また利用を開始してから1年(もしくは、2年、3年)以内の解約だと、解約手数料が発生するようなケースも見られます。事前に解約手数料の有無なども確認したうえで、利用することが大切です。

 

コスモウォーターの解約手数料

コスモウォーターも解約手数料は必要で、1年以内の解約の場合9000円の解約手数料がかかってきます。

 

また、他社のウォーターサーバーを見ると、

  • フレシャス:契約から9ヶ月未満で16200円、2年未満では9720円の解約金
  • プレミアムウォーター:1年契約の基本プランで1万円〜2万円、3年契約のプレミアムプランで15000円〜2万円の解約手数料
  • アクアクララ:6ヶ月(180日)以内の退会で、退会手数料3000円が必要
  • クリクラ:初回にメンテナンス手数料として5000円が必要

となっています。

 

アクアクララは一見安いように見えますが、ベビアクアを利用していると更に3000円が上乗せされますし、販売店によってはもっと高い解約手数料を取るところもあるようです。

 

コスモウォーター・ウォーターサーバー各社の費用まとめ

ウォーターサーバーの費用を計算している

このようにウォーターサーバーを利用する場合には、さまざまな費用が必要です。

 

個別に必要な費用を比較することも大切ですが、トータルで比べることでウォーターサーバーを検討しやすくなります。

 

それぞれの家庭の状況によってもお得なウォーターサーバーは異なるので、状況に合わせて判断することも忘れてはいけません。

 

実際に比較をする場合には、水にかかる金額だけだと差がわかりにくいケースが多くなっています。

 

そのためウォーターサーバーの利用でかかるお金を比較する場合には、電気代やサーバーのレンタル代など水以外の料金だけで比較してみるのも1つの手です。

 

>>http://www.cosmowater.com/