コスモウォーターの便利な機能

コスモウォーターと赤ちゃん

最新のウォーターサーバーには、温度を的確に管理する機能が搭載されており、例えばコーヒーの場合、ホットとアイスをすぐに出すことができます。

 

気温に応じて飲みたいものをすぐ用意できる点が評価されているため、現代はウォーターサーバーに期待される内容が多様化しています。

 

またエコモードや子供にうれしいチャイルドロックが搭載されており、小さい子供がいる家庭でも安全に操作することが見込めます。

 

これまでケトルで代用していた人も、便利な機能が満載のウォーターサーバーが手放せなくなっていきます。

 

シンプルな向上を目指した自動クリーンシステムは、機械操作が苦手な女性にとっても魅力的な内容になっており、家庭への普及が出ています。

 

このようにウォーターサーバーには、使う側の気持ちを考慮した素晴らしき機能が多数搭載されているのです。
環境にやさしいエコモードをきちんと見ておくことで、サーバー自体の機能が前向きに働く結果が見えてきます。

 

自動クリーンシステム全般は、オフィスでは掃除をする手間が省けるといった内容で大いに活躍しています。いずれかの機能がついていれば、進化したウォーターサーバーを手にすることができ、将来への幅が広がっていくのです。

 

コスモウォーターの便利な機能

コスモウォーター

では、コスモウォーターにはどのような機能が備わっているかと言うと、

  • 愛情チャイルドロック
  • 足元に置くボトル
  • 省エネ設計
  • ボトルが圧縮する
  • 静音設計
  • クリーンエアシステム
  • クリーンサイクルシステム

になります。

 

コスモウォーターの愛情チャイルドロック

コスモウォーターの愛情チャイルドロック

愛情チャイルドロックと呼ばれているだけあって、赤ちゃんや小さなお子様がいらっしゃるご家庭では便利なチャイルドロックの仕様になっています。

 

コスモウォーターのチャイルドロックは、

  • 簡易チャイルドロックモード
  • 完全チャイルドロックモード
  • チャイルドロックフリーモード

の3つを温水・冷水で設定する事が出来ます。

 

簡易チャイルドロックにすると、チャイルドロックボタンを押しながらレバーを押すと冷温水が出ます。

 

完全チャイルドロックにすると、チャイルドロックは固定され、レバーやボタンを押しても冷温水は出ません。

 

チャイルドロックフリーモードにすると、ボタンを押しながら専用キーを左にするとレバーを押すだけで冷温水が出ます。

 

それぞれの設定方法は、チャイルドロックの上に挿してあるキーを傾ける事で簡単に設定が可能です。

 

一般的には赤ちゃんが小さい頃はチャイルドロックは使用しなくても良いので、チャイルドロックフリーにしておいても問題はありません。
しかし、赤ちゃんが成長してハイハイやつかまり立ちをするようになったら、温水は「簡易チャイルドロックモード」にしておかないと火傷の危険性があります。

 

また、幼稚園くらいになると自分でボタンを押して飲むことは全く問題なく出来るものです。

 

お母さんやお父さんが実際に水やお湯を出しているのを見て、勝手に覚えてしまう事もあります。

 

そんな時は、温水だけは「完全チャイルドロックモード」にして、キーを抜き取っておいた方が良いでしょう。
抜いたキーはコスモウォーター上面に専用の置き場所があるので、そこに置いて置けば背の低い子供はウォーターサーバーでイタズラは出来なくなります。

 

私の家の娘は7歳なので、自分でお湯も冷水も出せますが、温水だけは不意にお湯のコックにぶつかったりしてやけどをしないように、簡易チャイルドロックにしています。

 

コスモウォーターの足元に置くボトル

コスモウォーターの足元に置くボトル

昔は上にウォーターサーバーの上にドカンとボトルを置くタイプが主流でした。
この方が、無駄な部品が必要ないので、故障の発生率も低く、製造も簡単に出来るからです。

 

しかし、最近ではコスモウォーターのように、足元にボトルをセットするタイプのウォーターサーバーが人気になっています。

 

人気の理由としては、女性やお年寄りなど力の弱い方でも、簡単にボトル交換が出来るからです。

 

ボトルのサイズは12リットルですので、重さにすると12sになります。

 

これを肩よりも上に持ち上げるのは、なかなか女性では難しいですが、足元であれば少し持ち上げるだけでセット出来るので、体感的に1/3以下の労力でボトル交換ができます。

 

コスモウォーターの省エネ設計

コスモウォーターのエコボタン

コスモウォーターにはエコボタンが付いていて、一回ボタンを押すと6時間温水の温度を常温近くまで下げる事で消費電力を抑えてくれます。

 

1日に2回エコボタンを押せば、1ヶ月の電気代は465円となり、一般的な電気ポットの電気代(900円/月)と比べても半額まで節電できます。

 

夜寝る時や外出時、あるいは夏場などは温水を使用する機会があまりないので、積極的にエコ機能を活用しましょう。

 

コスモウォーターはボトルが圧縮する

コスモウォーターの圧縮されたボトルと元のボトルを比較

コスモウォーターのボトルは水を出すたびにポンプが作動して外気を取り込まずに、ボトル自体を圧縮させてくれます。

 

この機能のメリットは2つあり、1つ目は外気に触れない事でボトル内部を無菌状態に出来るので、衛生的に保つことが出来ます。
もう1つのメリットは、ボトルが収縮する事でゴミとして廃棄する時に邪魔にならない事です。

 

クリクラやアクアクララなどは、ボトルが収縮しないために空になった大きなボトルを業者が回収に来るまで何個も部屋に置いて置かなければいけません。

 

私も一時期クリクラを使っていましたが、正直部屋が狭いのでかなり邪魔になっていました。

 

その点コスモウォーターはボトルも回収タイプではなく、自治体のゴミとして廃棄出来るので使い終わって小さくなったボトルをそのまま捨てる事が出来て、部屋がスッキリします。

 

コスモウォーターの静音設計

寝ている赤ちゃん

コスモウォーターが以前採用していた「らく楽スタイルSMARTウォーターサーバー」はボトル収縮時に「バキッ」と大きな音がしていました。
子供が小さい時には、この音で目が覚めるのではないかとヒヤヒヤしていましたが、現在の「Smartプラス」は騒音レベルを30%ダウンしています。

 

全く音がしないわけではないですが、特に気になるような騒音ではなくなりました。

 

寝室などに置いても睡眠を邪魔しない程度の音です。

 

コスモウォーターのクリーンエアシステム

コスモウォーターのクリーンエアシステム

コスモウォーターの特許技術が2つ使われているのですが、タンク内に取り込むわずかな外気も、独自特許技術でしっかりクリーン化して雑菌の侵入を防く機能になります。

 

コスモウォーターのボトルは収縮するのでほとんど外気を取り込むことはないのですが、それでも僅かに外気が混入してしまいます。

 

クリーンエアシステムは、オゾンを使用して外気をクリーンな状態にしてからボトルに入るようにしているので、ボトルの中をいつも衛生的に保つことが出来ます。

 

コスモウォーターのクリーンサイクルシステム

コスモウォーターのクリーンサイクルシステム

ウォーターサーバーの一番の問題は、設置当初は綺麗な水を飲むことが出来ますが、設置から時間が経つにつれてサーバー内部に水垢などの汚れが付着したり、酷い時にはカビが発生する事です。

 

多くのウォーターサーバーは、これらの問題を放置していますが、コスモウォーターの「Smartプラス」では、48時間ごとに自動で熱水を配管内部に流す事で、これらの問題を解決してくれます。

 

クリクラやアクアクララではこのような自動クリーニング機能が搭載されていないために、1年に1回メンテナンスを行ったサーバーと交換をしてくれます。

 

しかし、このメンテナンスには費用がかかるので、コストパフォーマンスはあまり良くありません。

 

コスモウォーターの場合は、サーバーレンタル料金など諸費用が全て無料にも関わらず、自動クリーニング機能が搭載してあるのでいつでも清潔な水を飲むことが出来るのです。

 

コスモウォーターのサーバーはこれら全ての機能を取り揃えている【Smartプラス】と言うサーバーがあるので、是非ご検討下さい!

 

機能も充実しているコスモウォーターはこちら!
>>http://www.cosmowater.com/