コスモウォーターRO水「プラスプレミアム」は手に入る?硬度や成分は?

RO水「プラスプレミアム」

コスモウォーターでは天然水以外にRO水の「プラスプレミアム」を長く取り扱っていました。

 

しかし、残念ながら2018年1月末でプラスプレミアムの取り扱いは止めたそうです。

 

どうもコスモウォーターを選ぶ人の殆どは、RO水ではなく天然水を購入するからと言う理由だそうです。

 

しかし、コスモウォーターのプラスプレミアムと言えば、12リットル入りのボトル1本の値段が1250円と格安だったんですよね。

 

ウォーターサーバー各社RO水の値段

RO水を取り扱っているウォーターサーバーと言えば、アクアクララやクリクラが有名ですが、値段を比較して見ると

  • アクアクララ:1200円
  • クリクラ:1250円
  • コスモウォーター:1250円

となっていて、パッと見はアクアクララが最安値かと勘違いしてしまいますが、アクアクララの場合月額1000円か1500円の「あんしんサポート料」がかかるので、一番高いんです。

 

一方、クリクラの場合は年額5000円のメンテナンス料金が必要となります。

 

会社名 水の価格 500mlあたりの価格 ウォーター サーバー レンタル料
コスモライフ コスモウォーター「プラスプレミアム」

52円

 

無料
1250円(税別)/1本12L
(株)ナック 「クリクラ」 52円 無料
1250円(税別)/1本12L (メンテナンス料5000円/年)
アクアクララ(株) 「アクアクララ」 50円 あんしんサポート料
1200円(税別)/1本12L 1000〜1500円(税別)/月
(株)トーエル 「ハワイアンウォーター」 60円 572円(税別)/月
1447円(税別)/1本12L
富士の湧水(株) 「富士の湧水」 63.5円 1,543円(税別)/月
1524円(税別)/1本12L

 

 

コスモウォーターでは

  • サーバーレンタル料
  • 配送料
  • メンテナンス料金
  • 初期費用

などが全て無料なので、実質的に最安値になっているのは、コスモウォーターのプラスプレミアムでした。

 

私の実家ではコスモウォーターを以前から使用していたこともあり、そのままプラスプレミアムが届いているようですが、新規に契約する場合には取り寄せる事はできないそうです。

 

コスモウォーターのプラスプレミアムを探してみた!

コスモウォーターでは取り扱いがなくなったプラスプレミアムですが、他社のウォーターサーバー会社では取り扱っている可能性があるので、色々調べてみました。

 

そうすると、見つけましたよ!!

 

ワンウェイウォーターと言う所で、コスモウォーターのプラスプレミアムと同じ水を取り扱っていました!

 

値段もコスモウォーターと変わらず、1本が1250円。

 

その他の費用に関してもコスモウォーター同様無料になっています。

 

ただ、一つ残念な事にサーバーが古いタイプのものしかないようです。

 

コスモウォーターでは現在「Smartプラス」と言う高機能サーバーを取り扱っていますが、ワンウェイウォーターでは一つ前の「smartサーバー」になっています。

スマートサーバー

 

私もこのサーバーを以前使用していましたが、悪くはないサーバーだと思います。

 

コスモウォーターの「Smartサーバー」と比べると若干見劣りをするのは否定しませんが、外気を取り込む際にクリーン処理をする「クリーンエアシステム」が搭載されていますし、チャイルドロックも付いています。

 

何よりボトルが下置きになっているので、ボトル交換が楽に出来ます。

 

コスモウォーターの「Smartプラス」と比べた時のデメリットとしては、

  • ポンプ音がうるさい
  • クリーンサイクルシステムがない
  • デザインが少し古臭い

と言った所でしょうか。

 

ポンプ音がうるさい

コスモウォーターの「Smartプラス」では音の大きさを30%削減しています。
逆に言うと、ワンウェイウォーターの場合30%音が大きくなっています。

 

普段使用している時は静かなのですが、ボトルを収縮させるためにポンプで負圧をかけているために、ポンプ音がうるさい時があります。

 

そのため、赤ちゃんがいるご家庭ではあまりお勧めできませんが、一般家庭でリビングに置くようなケースでは問題になるほどの音ではありません。

 

クリーンサイクルシステムがない

コスモウォーターは衛生面に凄く配慮しているのですが、その一つにクリーンサイクルシステムがあります。

 

ウォーターサーバーは何年も使用していると配管やタンクの中が不衛生になります。

 

そのため、クリクラやアクアクララでは年に1回メンテナンスを行っているのですが、コスモウォーターの場合は48時間おきに自動で熱水を配管内に流して殺菌を行っています。

 

しかし、ワンウェイウォーターではこの機能ありません。

 

デザインが少し古臭い

コスモウォーターの「Smartプラス」は2017年のグッドデザイン賞を受賞しているだけあって、インテリアとしても優秀です。

 

コスモウォーターの「Smartプラス」

 

ワンウェイウォーターのサーバーも悪くはないのですが、外観が安っぽいプラスチックで出来ているので、高級感はありません。

 

また、チャイルドロックに関してもコスモウォーターの場合は温水・冷水共に3段階の切り替えが出来るのですが、ワンウェイウォーターの場合はONとOFFしかありません。

 

コスモウォーターの天然水とワンウェイウォーターのRO水どちらを選びますか?

コスモウォーターの天然水とワンウェイウォーターのRO水、正直どちらも良いウォーターサーバーだと思います。

 

コスモウォーターのメリットとしては、

  • 120以上の独自検査をしていて、衛生面に優れている
  • クリーンサイクルシステムとクリーンエアシステム、ボトリングから48時間以内に出荷でいつでもフレッシュな水を飲める
  • 2017年グッドデザイン賞受賞のオシャレなサーバー
  • 場所を取らないコンパクト設計
  • 従来比30%抑えた静音設計
  • 3段階の愛情チャイルドロック
  • 足元ボトルで楽々交換
  • 消費電力を最大60%カットのエコモード付き
  • 初月無料・乗り換え・お友達紹介・キャップシールなどキャンペーンが豊富

があります。

 

ワンウェイウォーターのメリットとしては、

  • 500mlあたり52円という業界最安クラスの値段設定
  • 月々かかるのはお水の料金だけ!初期費用・配送費も全て0円
  • RO水「プラスプレミアム」以外に3種類の天然水を飲むことが出来る
  • 月々の電気代はわずか436円の省エネ設計
  • 卓上型ウォーターサーバー「スタイリッシュウォーターサーバー」、「お掃除ロボット付きウォーターサーバーAcro」もラインナップ

となっています。

 

人気が高いのはコスモウォーターですが、ワンウェイウォーターも節約志向が高い人に人気のウォーターサーバーです。

 

コスモウォーターRO水「プラスプレミアム」とは?

RO水は濁りやカルキ臭、ウィルスもろ過する

コスモウォーターが取り扱い中止をして、ワンウェイウォーターで取り扱っているRO水「プラスプレミアム」について、詳細をご説明致します。

 

ワンウェイウォーター(コスモウォーター)RO水「プラスプレミアム」は、1000万分の1mmという極小浄化孔フィルター逆浸透膜である「RO膜」によってろ過された純水に、ミネラル成分であるナトリウム、マグネシウム、カリウム、カルシウムを配合しているお水です。

 

RO水はカルキ臭や濁りだけではなく、市販の浄水器では取り除けない放射性物質や環境ホルモンまでもしっかりと除去出来るので、高い安全性や品質を維持する事が出来ています。

 

原水となっている水源はアクアクララやクリクラのように水道水ではなく、天然水を使用している点もお勧めできるポイントの一つになっていて、京都と富士にボトリング工場があります。

 

コスモウォーター(ワンウェイウォーター)RO水の硬度・ph・ミネラル成分

コスモウォーターで取り扱っていて、現在はワンウェイウォーターで取り寄せる事が出来るRO水の硬度やph、ミネラル成分含有量は、

  富士ボトリング工場 京都ボトリング工場
硬度 34(軟水) 14.9(軟水)
ph 7.7(弱アルカリ性) 6.9〜7.2(弱アルカリ性)
カルシウム 0.95r 0.43r
ナトリウム 1.05r 0.52r
マグネシウム 0.26r 0.1r
カリウム 0.18μg 0.04μg


となっています。

 

RO水「プラスプレミアム」の配送エリア

RO水「プラスプレミアム」の配送エリア

RO水「プラスプレミアム」の配送エリアは、本州、四国、九州に限られていて、最寄りのボトリング工場から採水されたRO水が配送される仕組みになっています。

 

ここら辺はコスモウォーターの時と変わらないですね。

 

京都ボトリング工場の発送先

京都ボトリング工場から発送されるエリアは、滋賀県、岡山県、佐賀県、京都府、広島県、長崎県、大阪府、山口県、熊本県、兵庫県、徳島県、大分県、奈良県、香川県、宮崎県、和歌山県、愛媛県、鹿児島県、鳥取県、高知県、島根県、福岡県です。

 

富士ボトリング工場の配送先

富士ボトリング工場から発送されるエリアは、青森県、群馬県、福井県、岩手県、埼玉県、山梨県、宮城県、千葉県、長野県、秋田県、東京都、岐阜県、山形県、神奈川県、静岡県、福島県、新潟県、愛知県、茨城県、富山県、三重県、栃木県、石川県になっています。

 

コスモウォーター(ワンウェイウォーター)RO水は赤ちゃんのミルクに使用出来る?

コスモウォーターと赤ちゃん

赤ちゃんのミルクに使用するためには、硬度が60mg/l以下の軟水が望ましいと言われています。

 

そう言った意味においてワンウェイウォーターのRO水は基準を満たしていて、赤ちゃんのミルクに使用する事が出来ます。

 

ただ、気を付けて頂きたい事として、ワンウェイウォーターのサーバーには自動クリーニング機能が搭載されていない事があります。

 

設置当初は当然サーバー内部も綺麗ですが、使用していくにつれて内部に汚れが蓄積する可能性があります。

 

そのため、水自体は問題ないですが、サーバーを含めると赤ちゃんのミルク作りに使用するには不衛生かもしれません。

 

コスモウォーターの場合、天然水で硬度も低い軟水ですし、自動クリーニング機能が搭載されているので、サーバー内部も常に衛生的に保つことが出来ます。

 

コスモウォーターの場合天然水なので、RO水よりは若干値段は高くなりますが、赤ちゃんのミルクに使用するのであればコスモウォーターの方が良いでしょう。

 

コスモウォーターの口コミでも、赤ちゃんに使用されている投稿が目立っていて、数あるウォーターサーバーの中でも一番赤ちゃんに人気があると言えます。

 

赤ちゃんのミルクつくりにおすすめのコスモウォーターはこちら!
>>http://www.cosmowater.com/

 

ワンウェイウォーターで取り扱っている天然水

ワンウェイウォーターではRO水「プラスプレミアム」以外に

  • 富士の銘水「彩(SAYA)」
  • 京都三岳山麓「京の湧水」
  • 九州日田「天寿の水」

を取り扱っているので、RO水と味の比較をするのも楽しいですよ。