天然水とRO水の違い

ウォーターサーバーの水は大きく分けると天然水とRO水に分かれます。

 

天然水とは

天然水とは、特定の水源地で採水された水の事で、濾過や加熱殺菌処理は行われますが、それ以外はほぼ天然のままの状態の水となっています。

 

この水にはカルシウムやマグネシウム、ナトリウムやカリウム等、体に良い成分がそのまま残っている事が特徴の一つとなっています。
コスモウォーターは天然水になるのですが、それ以外に天然水を扱っている主なメーカーとしては、

  • フレシャス
  • プレミアムウォーター

があります。

 

価格はRO水と比べて割高になりますが、原水に有害物質が含まれていないので、安全性は高いと言えます。

 

また、水の味も天然のミネラルが豊富に含まれているので美味しいと言えます。

 

RO水とは

それに対してRO水は水道水等から作られています。

 

不純物を取り除くフィルターで濾過をするだけでなく、カルシウムやマグネシウム、ナトリウムやカリウム等の成分まで取り除く事が出来るRO膜を使って濾過をしていく為、安心して飲める水となっています。

 

ただ、水の味となるミネラルまで取り除かれてしまう為、そのままでは飲んだ時に物足りなさを感じてしまう事があります。
その為、しっかりと濾過をした後にミネラルを加え、飲みやすい水に仕上げられている事が一般的です。

 

取り扱う水は業者によって異なり、契約後はその水を飲み続けていくという形になります。

 

ですから、ウォーターサーバーを選ぶ時には、業者が取り扱っている水の種類もしっかりと確認しておく事が重要になってきます。

 

RO水の魅力は価格の安さにあります。

 

原水が水道水のために、コストをかけずに製造する事が出来るので、費用を抑える事が出来ます。

 

RO水を取り扱っている主なウォーターサーバーメーカーは、

  • アクアクララ
  • クリクラ

です。